花押しスカーフ | 風花実オフィシャルサイト

風花実

「フォークアート」気になる言葉

Pocket

「フォークアート」ってなんだ?

最近気になるキーワード。

 

 

「フォークアート」とは、

それぞれの地域社会が共有する文化の独自性を表すもの。

素材には、実用本位で装飾的なものが使われいて

新しい素材に代えることもよくある。 

 

地域社会にある多様なグループが受け継いだ、

伝統的なアートの姿を反映しており、

同じ地域のグループ同士には共通性が見られ、

その地域社会全体にもなじんでいる。

 

というようなことらしいのです。

 

 

ふわっとした自分なりの解釈なのですが  

 

「フォークアート」

かなり、私が制作をするにあたり

目指したいものを総称しそうな言葉ではないのかい?! 

 

と思ったわけです。

 

わたしのやりたい事。。

まず、暮らしてる土地。

田舎の、何もないと思われる土地も

ステキだよ。と肯定できる。 

 

証明できるような、
イケテル大人に私がなりたいのです。

 

子どもたちに、ここで生まれた事や暮らしている事

当たり前にあるような日常に誇りをもってほしいなと。

 

 

イケテル大人への道は遥か彼方。

 

だからとにかく、楽しんで働く、

働く姿が近くにある事って

とてもステキだと思うから。

 

 

私はモノをつくることに興味があるし、

人が集まって、1つに情熱を注ぐようなイベントが好き。

そんなこんなを仕事にしたい。

 

そんな思いで、私のイケテル大人への一歩

として始めたのが「風花実(ふかみ)」です。

 

はじめたばかりのイケテル大人の旅。

今後お付合いくださいね♪