花押しスカーフ | 風花実オフィシャルサイト

風花実

大好きアンパンマン@香美市立やなせたかし記念館

Pocket

大好きアンパンマンミュージアム

 

香美市立やなせたかし記念館(アンパンマンミュージアムは、

やなせたかし先生が描いた貴重な原画などが楽しめる、

大人の方にこそ行ってほしい高知県にある美術館です。

 

アンパンマンはもちろん、それ以外の詩や挿絵や絵本など

他ではなかなかお目にかかることのできない作品が

ちょーリラックスした雰囲気で鑑賞することかできます。 

 

小さな子どもたちが走り回れる広々とした空間。

館内の作品含め撮影OK!

「もう、もう理想的なの美術館!!!」

何もかもが、素晴らしいのです。

 

やなせたかし先生の生まれ育った

自然豊かな緑、土地で、空気をすって。

アンパンマンの核にせまれる、

やなせたかし先生を丸ごと感じれるで特別な美術館。 

 

 

 

大人になったら、行ってみたい場所。

 

はじめて、この美術館を知ったのは小学3年生の時。

「アンパンマンミュージアムが高知に出来る!」と

当時買ってもらっていた、小学生用の雑誌の記事をみて

私の触覚がぴょーんと伸びました。

 

フルカラーのそのページには広くて緑が美しい敷地のなかに、

白くてキューブ状の建物がすくっと立っていて、

建物の上の右角には小さなアンパンマンの像が

空に飛び出すように手を突き上げてに立っている姿が

カッチョ良く映っていました。

アンパンマンミュージアム

まだ、オープン前だからが、外観のみで内部は載ってなかったけれど

 

この施設は

「子ども地味た施設じゃないゾ!!」

とまでは、、、

思わなかったけれど。笑

 

 

直感的に

「かっこ良くって、なんかステキやなあ」

「高知だけど、いつか行く事が出来ればいいなあ」

と思いを馳せながら

何度もその記事を見返して、読んでいたました。

 

小学3年生の私にとって、どこか遠い憧れの場所。

 

 

 

社会人。やっぱりあった! アンパンマンミュージアム

 

時は流れ、10数年後、社会人になってから、

小学生の記憶をフっと思い出した。

 

記憶が夢なのか、現実なのか。

半信半疑で、

【アンパンマン、施設、四国、、、たしか、高知!?】検索してみると、

やっぱりあった。 夢じゃなかった!!! 

 

 

 

はじめまして、アンパンマンミュージアム

 

検索して、ほんとにあった夢のアンパンマンミュージアム。

これは、いくっきゃないと思っていったその場所は、

 

素晴らしくて

素晴らし過ぎて

涙が、止まらなかった。

 

 

 

やっと応募した作品展

 

今回、やなせたかし記念館•別館にて、ふかみともみとして公募展に出品、

作品を展示をしていただくことになりました。  

 

毎年開催の公募展、

いつかは出したいと思いながらも二の足踏んでいた

【OURギャラリー展】に、今年ようやく作品を応募する事ができました。

 

応募した作品はすべて展示してくださるという、

アンパンマンみたいに太っ腹でやさしい公募作品展。

私の描いた作品が、あの空間に展示していただけると想像するだけで

嬉しくて、夢のようで、しあわせです。

 

ありがとう、やなせたかし先生。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第20回OURギャラリー展」テーマは【おとな】

応募作品は「第20回OURギャラリー展」に展示。
 日時:2018年11月17日(土)~2019年1月14日(月・祝)
 会場:香美市立やなせたかし記念館・別館
 入場無料(アンパンマンミュージアム・詩とメルヘン絵本館へは別途入館料が必要。)

審査結果発表トークイベント
 日時:10月14日(日) 13:30〜

 会場:アンパンマンミュージアム 1Fシアター
 審査員が、審査結果の発表と受賞作品の講評をします。
 審査結果は、入選者にも直接通知します。(11月中旬を予定)

 出演予定審査員:黒井健 氏(イラストレーター・絵本作家)
        雨宮尚子 氏(イラストレーター)
        おかもとあつし 氏(漫画家・紙芝居作家)
※くさか里樹氏はスケジュールの都合によりトークイベントには参加されませんのでご了承下さい。

 

詳細▶http://anpanman-museum.net/exhibition/1487